離婚する時に掛かる費用は、どのくらいなのでしょうか?円満に協議離婚できた場合は、費用はかかりないでしょう。離婚届を提出すれば、手軽に離婚が成立します。ちなみに、財産分与や慰謝料、養育費、引越し費用はどのような離婚でも発生することになります。協議離婚でも、離婚協議書や公正証書は作っておいた方が望ましいので、その為の手数料もかかるだといえます。調停に持ち込んだ場合は、費用が発生しますが、それでも多額のお金がかかるわけではないのです。収入印紙や切手代、戸籍謄本や住民票などの料金くらいで済みます。全部合わせても5千円以上かかることはないでしょう。しかし、この際でも弁護士に依頼して調停に持ち込んだ場合は費用がかかります。一番お金のかかる離婚は裁判離婚です。離婚の話がこじれて、当人同士の話し合いではどうにもできなくなった場合には、弁護士に依頼して裁判を起こさなければいけないのです。弁護士を雇った場合、着手金と報酬金を支払わなければなりませんから、勝っても負けても高額な費用が発生します。慰謝料が取れそうなら、そこから支払う事になりますが、場合によって取れた慰謝料の大半を弁護士に支払わなければならないということもあります。弁護士にしはらう費用は内容にもよるでしょうが、50万から100万くらいが多いんです。ただ、裁判にまで持ち込むような離婚は全体の2%程度なので、離婚する際にそこまで心配しなくてもいいのですー